トップページ > 大阪労働大学講座

令和2年度(2020年度)
第68回 大阪労働大学講座

その他

修了及び
表彰
次のすべての要件に該当する方には、
修了者として大阪府知事の修了証書を交付します。

(1)前期講座、後期講座について、前期講座20回のうち14回以上、
 かつ後期講座21回のうち14回以上出席の方。

(2)講師から出題される課題テーマを1つ選択して
 レポートを提出し、A、B、Cの3段階評価のAまたはB評価を得た方
 (C評価は不合格)。
※前期講座20回、後期講座21回のうち、それぞれ2/3の14回以上出席した方には、
 一般財団法人大阪労働協会理事長の受講証明書を交付します。
 修了証書を交付される方のうち、前期講座と後期講座の41回を全て出席した方に
 対し、大阪府知事の賞状及び記念品を授与します。
受講料の
助成制度
全受講者(受講料の企業負担、組合負担を除く)を対象に一般財団法人大阪労働者福祉財団の助成金制度があります。前期講座20回、後期講座21回のうち、それぞれ14回以上出席した場合に、前期講座5,000円、後期講座5,000円の助成が受けられます。
一般財団法人 大阪労働者福祉財団 TEL. 06-6766-4271
http://www.orzaidan.or.jp
特典 一般財団法人 大阪労働協会が主催する令和2年度(2020年度)の労働関係講座の受講料が半額になります。
聴講制度 41回の全ての講義を対象にした聴講制度を設けています。(当日申込可)
1回 3,000円  定員 各回30名程度(シンポジウムは100名程度)
団体受講 本講生のほか、次の条件で団体受講枠を設けます。但し「特典」はありません。
(1)対象講座  前期講座、後期講座
(2)受講者  講義単位で受講者を替えて受講ができます。
1口につき1名の受講とします。
(3)受講料  前期講座、後期講座 各1口 60,000円
(4)募集口数  10口程度
(5)制限事項  修了証書は交付しません。
前期講座、後期講座それぞれの受講証明書は団体名で交付します。
講師からの言葉 今日「働き方改革」「全世代型社会保障改革」といったように、我々にとって身近なテーマが重要課題として浮上してきています。しかし、改革は表面的なところだけに眼を奪われるのでなく、むしろその本質と内実を見極めなければなりません。歴史と伝統ある大阪労働大学は関西を代表する講師陣で固め、それこそ体系的な講義を通じて問題の深層を掘り起こしていきます。労働問題や社会保障に関する包括的な学習によって、先の改革をはじめとした現状に対する正しい認識を深めてください。
(大阪市立大学名誉教授・愛知学院大学客員教授 玉井金五先生)
受講者からの声 ◆65歳となり、今後の働き方を考える機会として、労働問題に関する仕事をしていることもあり受講しました。以前にも平成5年、25年と受講しましたが、今回は「皆勤」を目標にチャレンジ、何とか達成。労働法、労働経済・福祉の各科目において、著名な研究者の方のお話をお聴きし、新たな気付きがありました。働き方改革など、時代の大きな転換期に当たり、労働法について幅広く学ぶ意義はこの上なく大きいと思います。(令和元年度受講・修了者)
◆普段の実務をもう少し掘り下げて、法律や経済を学びたいと思っている時に、丁度本講座を紹介頂きました。講義を通して自分を取り巻く業務の動向や背景を、広い視点で知ることができ、業務の在り方だけでなく、働き方の変化も前向きに考えられるようになったと思います。講義は仕事と両立できるペースで進んでいきますし、また修了レポートに取り組むことで、課題に対して自分なりに考えをまとめることができたのも良かったです。(令和元年度受講・修了者)